So-net無料ブログ作成

【3246】コーセーアールイー うーん上がってるぅ [株分析]


○コーセーアールイー

業種:不動産業 福岡

【財務状況】

売上高・利益ともには前期と比べ大幅に上昇
一昨年からさらに増加
CFは営業キャッシュフローがマイナス
投資活動プラス、財務活動プラスと少し不安だが
前期に比べるとどれも数値が減っている。
回復傾向にあるということだろうか

売上高の内訳は・・・
資産運用型マンションの販売事業とファミリーマンションの販売事業
がほとんど占めており、本業が順調ということ(H28)

ファミリーマンションで順調にマンションを完成引き渡し
している。
不動産管理業も増加
ビルメンテナンスも請負工事業が増加
不動産仲介業では減となっている。
土地売却のための減とのこと。
トータルでは増加しており、本業が順調っぽいので
いい傾向だと思う。
ただ、不動産仲介業の販売用土地売却
があったための変動ってどういうことなのだろうか。。
また調べてみる。

【見通しとしては】
マンション分譲業界全体としては需給の
バランスが維持されるか不透明。

ファミリーマンション販売では
新たに6棟の販売を開始し新規Projectをする。
資産運用マンションでも新規Projectの確保に務める
その他不動産管理は、引き続き安定行動。
増益の予想

【配当・株主優待】

QUOカード100株  500円
H29.1 25円

配当利回りはよい。
ため、1月の権利落ち日付近は相場が動きやすいかも


【チャートとの関係】

上方修正が出たタイミングで大幅に株価を上げている。
不動産業界は、上方修正が出たタイミングで購入するのが
無難?
また、上方修正が出る前、11月の2Q報告のタイミングでも
株価が上昇しているため、そのタイミングで期待感で買うのもよしか。

【結論】

今回4月の決算報告書のタイミングではあまり動きがなかった
ので、次の中間決算若しくは、上方修正等の報告のタイミングで手を出してみるのもいいかも。
また、配当が多いため、配当狙いもありかもしれない。

ただ、今のチャートの状況をみてみると
なんか徐々に上がってきてるので中間に備えて仕込んでいるのだろうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2491】バリューコマース株式会社を買ってみた [株分析]


先日、バリューコマースの株が値上がり率、上位に上がって、上昇の流れもあったので

この上昇トレンドが続くんじゃないかということで買ってみた。
今週の月曜日に注文を出して結果的に682円で購入することになった。

今現在の株価を見ていると・・・あれ?

って感じですがまた分析したいと思いまうs

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【3241】株式会社ウィルを分析してみた [株分析]

株式会社ウィルの分析

財務状況がよく、チャートの傾向的にも伸びるんじゃないかということで購入した。
1ヶ月ほど保有した現在の状況としては、日経平均と一緒の動きをしている状況ではあるが、大幅な高騰、下落はなく横ばいが続いている状況である。

再度、このまま保有してもよいか検討すべく分析をしてみる。

【財務状況から見る】

12月時点の財務状況は売上高は減っているものの、営業利益、経常利益ともに増収となっている。
売上高の減少の原因としては、個人消費の鈍化等が挙げられている。
【事業別に分析してみると・・・】
①中古住宅市場の拡大によりリフォーム事業が減となった。
中古住宅の販売会社が、ある程度リフォームした上で売るという事業が増加したことが原因としている。

②土地情報の激減や、大規模な土地情報の仕入れ戸数の伸び悩みにより分譲地へのマンション開発などが減少となったとのこと。

③不動産取引派生事業のうち損害保険代理店手数料が減少となっているが、火災保険のことだろうか。。。
損害保険の長期契約見直しの影響を受けたとしている。
(平成27年10月に法律が改正されたのかな?、10年超の契約はできなくなったみたいで、その影響がここで出てきたみたとのこと)


逆に、不動産の売却や、広告制作業務や、教育事業で売上高をあげているとのこと。
不動産はさておき、広告制作業務や教育事業まで手がけているんですね。。。広告制作は主に自社の経験を活かしたコンサルティング等もあるみたいですが、教育事業というのは、「志信館」という塾を運営しているとのことで全然、不動産事業からは外れてますね(笑)
ただ、地元の知名度もそれなりによくなっているようで、売上高は増加している状況。


営業利益は、
・・・売上高が下がりながらもインターネットを遣った効率的な集客、広報などをしているようで、人件費の削減等効果が出て、増加となっています。


売上高はマイナスですが、効率的に運営して、営業利益をあげているので、今後も、期待できそうです。
インターネットを積極的に活用している様子なので、個人的には好材料になる要素も色々と出てくるのではと思います。

【来期の見通しから見る】

 マイナス金利の影響や、増税などの関係もあること、また
所得面の影響から中古マンション需要はさらに上昇していくのではと思います。そこに、インターネットを活用した顧客の獲得もできれば
業績増加に繋がりそうだと思います。
インターネットを積極的に使っていこうという感じなので、期待できそうです。

【5月11日発表の1Q決算短信からみる】

前年比と比べ減少しているところですが、概ね計画通りとのことです。
ただ、これを受けて、株価は下落したのかな?

細かく読んでいくと、リフォーム事業が大丈夫なのかな?
とちょっと思いました。理由としては、富裕層向けのリフォーム事業が減となっていることで、?まーくがつきました。ただ、富裕層以外へのリフォーム事業は差別化を図ることにより、増となっているとのこと。

まだ1Qなので深く考えず様子見かな。


【テクニカル】

肝心のチャートは、冒頭にも記載したとおり、横ばい状態です。
ただ、1年毎にある程度増えているので、どこかで増えるタイミングがあるはず!と期待しています。
 5月12日時点の株価は、日経が下がったこともあり随分と下がっていますが
もしかすると買いどきかもしれません。
 みんかぶの予想によると、当該株はPERの変動幅が狭く、過去平均値よりもPERが低いため、割安としているみたいです。

【総合評価】

とりあえず保有しとくかな。。。
安くなったら追加購入もありかも。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【3159】丸善CHIホールディングス株式会社にわか分析結果の報告 [株分析]


丸善CHIホールディングス株式会社が気になるということで
株初心者のにわか知識で調べてみました。決算報告書読んで、ちょろっと本を読んだだけの知識ですが^^;


電子書籍のhontoというサイトがいいんじゃないかという理由で購入を考えていたが。。。
 調べていると、そもそも本の需要事態が減っている中で、たとえ割引サービスを充実させたからと言って、業績は良くならないんじゃないかと思った。また、電子書籍での漫画の需要事態は増えているが、漫画だけで言うなら、hontoよりも最近話題のコミックRentaという電子書籍をレンタルできるサービスの方が魅力的だと思うし、実際数字としても成果を上げているため、ここに参入して勝てる見込みが無いんじゃないかと思う。
 以上の理由から、電子書籍という観点で当社株を購入するのは適してないかと思う。

【店舗ネット販売全体で見ると・・・】

売上高は伸びているものの、営業利益は2期連続でダウンしている。本離れが騒がれている中で、なかなかあげていくのは難しいのではないかと思う。


売上高を順調にあげている図書館サービス事業からの投資判断。
 こちらは、今期は増収をしているものの、他社との競争激化などによって営業利益事態は減収となっている。今後も株価がぐっと上がるような好材料にはならないのではと思う。


【公立図書館向けへの書籍販売等】

大型受注があったことによる増収だったため今後さらなる増収は見込めないんじゃないかと思う。


【業績から見た投資判断】

 業績事態は売上高を順調にあげているが、営業利益事態はマイナスとなっている。
 来期の予想としては、売上高、営業利益ともに増となる見込みだが、今の市場からなかなか難しいのかもということで
 
【株主優待はちょっと欲しい。。。】
 当該会社の株主優待は100株保有しているだけでジュンク堂で使える商品券1000円、500株だと2000円と本を買う人にとってはなんとも嬉しい優待があります。
 個人的には、権利落ち日を狙って購入するものありなのかもと思います。
 丸善Chiは値動きもなかなかないので、権利落ち日狙って購入→即売でも、差し引きでプラスになるのではと思います。

 【テクニカルで見た投資判断】

 チャート的には、日足、週足ともに現在は横ばいとなっていますが、MAが下向きに向いているような気がするので、微妙なのかなと思います。
 日経平均も高いラインに居るので、そのへんも踏まえると買い時ではない?のかなと勝手に思っています。
 ただ、みんかぶの割安・割高判断によるとPBRが過去平均値より低いことから割安という判断になっています。

 
【総合評価】

 好材料になりそうな素材がどこにもないので、近いうちに高騰するということはないのかなと思います。ただ、ずーっと横ばいできており、業績も全体でみるとそれほど悪くないのかな?(店舗・ネット販売だけで言うと微妙なところですが。。。)というのもあるので、そんなに下がるというのもないのかなと思います。
 なので、株主優待狙いで、ちょっと下がったタイミングで買ってから権利落ち日まで保有して優待だけかっさらおう!
という感じですかね。。。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【3159】丸善CHIホールディングス(株) 気になる株…honto [株分析]


最近、電子書籍をよく購入するようになり、いくつか電子書籍のサイトが有る中で,
なかなかいいなーと思ったのが「honto」というサイトでした。

「honto」の何がいいかというと、クーポンが豊富なところとポイントを導入しているところです。
 どんな書籍でも20%OFFのクーポンや特定の書籍のみ~%OFFのクーポンなどがありどんな書籍でも比較的安価で購入できます。また、100円で1ポイント貯まるポイント(1ポイント1円)を利用することでさらに安価で購入できるので、月に何冊も本を購入する人には、重宝されるだろうなと思います。。
 紙の本よりも安価で購入でき、保管に場所も取らないとなるといよいよ電子書籍の時代がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!という感じです。
 
さて、本題ですが、そんな「honto」の大本の会社ってどこだ?と気になって調べてみましたら
「丸善chiホールディングス株式会社」という会社が出てきました。
当該会社は、上場しているようだったので、今後の期待をこめて、購入しようかと今いろいろ調べているところです。

株の割安感、今は買うタイミングなのか?、実際業績はどうなのか、今後伸びしろはあるのかなどなど分析をしていきたいと思います。

次の記事で分析結果を書いていきます。
今回は「honto」という電子書籍のサイトの紹介をするような形になってしまいました(笑)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スクリーニングを利用して株を絞ってみた [株分析]

長期投資(3ヶ月~半年、1年くらいで考えている)
をするにあたって、スクリーニングを利用して購入する株を絞ってみた。

条件は、予算10万円以内で、PERだとか自己資本比率とか売上利益の前年度比などから絞った。

これらの条件で、割安株、倒産しづらい会社である、利益が順調に伸びている
であるといえると思われる社に絞れるかと思う。

そこから、決算予想、今までの財務状況などそれらを勘案して
いくつか社を選定した。

結果的にはこれら3つの株を購入した。

・3241 ウィル
・2337 いちご
・8423 アクリーティブ

あと数社ほどめぼしい株が見つかったが、その中でもこれらを買った理由を聞かれるとちょっと
微妙な気はするが。。。

一応これらの株は、業績が順調に伸びており、予想も良く、財務状況もぱっと見よかった。
また、いちごとアクリーティブについては四季報の評価も良かった。
チャートは全て横ばいだったためこのタイミングで購入した。
リスクを考えても値動きがそれほどなく、リスクが少ないと思われる株を選定した。
ただ、リターンもあまり見込めないが。。。一応全て+15%~20%(1年以内で)を見込んでいる。
当然、他にいい株が見つかれば、予算に収まる範囲でやりくりしていこうと思う。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

色々な指標があるけど使い方がイマイチ [株分析]


株関連の本を読んだり、インターネットで色々と調べたりしてると

PERとかEPSとかROEとか色々な指標が出てくる。

それぞれ、その数値がなにを示すかというのは読めばすぐわかるが

それをどうやって運用していくのか、利用していくのかがイマイチ、ピンと来てませんでしたが
今日とある本を読んでなんかちょっとわかった気がしました。。。

でも、やっぱり本とかインターネットには具体的な数値は書いてなくて
数値は自分で見つけていくしかないのかなと思いました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

長期投資をするにあたっての ルール作り2 [株分析]

「今まで悪かった企業の業績が持ち直して来ている」

「今までも業績が良かったが、前々期や前期より業績の変化率がさらに良くなっている」

「業績予想が今季と比べ上昇する傾向にある」など

具体的にルールを決めるとすると

去年より売上~率が~%上がっていてなおかつ、現在の株価が昨年と比べ~%である。
とか
業績予想が~%上昇していて現在の株価が~とか

去年より売上~率が~%上がっていて、~年前から~率が~%下がっている


とかかな~(決算基準で投資する場合)

トレンドとかテクニカル要素も入れたり、世間の経済情勢、トランプの発言やら
日銀の会合やらなんやら考慮して、なんてやりだすとキリがないのでここはきっぱり
財務諸表のみでルールを作っていこうかと思う。

最終的にはそういった世界の経済の流れを見れるようになりたいなー




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

雇用統計 [株分析]

株の分析ではありませんが

雇用統計が発表されると、FXとか値動きが激しい。。。

長期投資する上では、そこまで気にする必要もないかぁ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

なんとなく投資ルールを決めてみた [株分析]

グロース株を探すとかバリュー株を探すとか言っても、絞り方とかイメージがわかなさすぎたので、とりあえずテクニカル分析と組み合わせて財務分析も活かせるルールを考えてみた。

1テクニカルチャートで、上昇トレンドのやつ絞る。(社会情勢に左右されにくい株がいい、日経、為替、ダウ、同業種の株などと見比べる。)
上値抵抗線を抜けてて、下がる要素がない。
下がる要素がないのに下がって横ばいになってる。若しくは一旦下がる要素があって横ばいになり、財務諸表上も回復傾向にある。

2財務諸表がいいか悪いかチェック

3目標株価(適正であろう価格、期待できそうな価格レジスタンスライン、それを突破したあとの価格過去の傾向から)、ロスカット(サポートラインを割るなど)、期間(過去のチャートからどのタイミングで上がるか 長くても三ヶ月程度がいい)を設定する。

4、10万以下


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。